• HOW TO BECOME AN ORIGINAL ELITE MEMBER

    生涯滞在査証、スパ・ゴルフ毎日無料の知られざるステイタスを安全確実に手に入れる手引き

     

    エリートカードという名称をお聞きになったことがありますか?

    タイについて、また海外移住やロングステイに

    興味がある方の耳には届いているかもしれません。

     

    このサイトはエリートカードの現メンバー有志によって運営されており

    その主な目的はメンバー間の親睦と

    この制度のスタート後、僅か数年の間発行されていた

    旧タイプエリートカードの取得方法についての

    ガイダンスです。

     

    旧タイプのカードは

    ・生涯滞在可能な特別滞在査証

    ・本人に加えて家族もメンバーとして登録ができる

    ・提携先のスパおよびゴルフ利用が毎日無料 

    ・不要になった際の譲渡が容易に行なえる

    などの多くの見逃せない特典が付帯していました。

     

    現在では個人間の譲渡によってのみ、取得が可能であり

    旧会員数の減少もあって、年々入手が困難になっています。

     

    一口に旧タイプといっても

    その中身は売り出し時期や国によって細分化されています。

    金銭面での受け渡しなどの点についても

    正確な情報が乏しく

    取得の過程全般が

    非常に不透明な状況になってしまっています。

     

    また譲渡手続きについては、それを希望するメンバーにとっても

    未経験の領域であり   

    高齢化や言語の壁などもあって

    不安感を抱えている方も少なくありません。

     

    結果、双方にとって誤解や行き違いが生じやすく

    実際に様々なトラブルが起きているとも聞き及びます。

     

    ・旧カードの内容をもっと知りたい

    ・どのように手続きを進めてよいか分からない

    ・自分で交渉を進めようとしたが、途中で不安になって諦めた

    ・言葉の面で心配がある

    ・入手の可能なうちに、確実に手続きを済ませたい

     

    上記のようなお悩みを抱えている方は、是非ご相談ください。

    実際に移譲手続きによって旧資格を得たメンバーが

    懇切丁寧にアドバイス、サポートを行います。

     

    本サイトが、取得に興味をお持ちの方と譲渡希望のメンバーの

    架け橋の役割を果たすことが出来るようであれば

    望外の喜びです。

     

  • エリートカードとは

    取得の時期により、特典内容が大きく異なります。

    エリートカードは2003年に当時のタイ内閣で閣議承認された

    外国人を対象としたメンバーシップ制度で

    運営母体は、TPC(THAILAND PRIVILEGE CARD CO.,LTD)という法人です。

    タ イ政府観光庁の100%出資によるのもので

    いわば国営企業のような位置付けといってよいでしょう。

     

    現時点(2019年1月)で約7000名の会員数となっていますが

    中途でその内容および価格が大きく変更され

    現行のタイプは初期のそれとは別ものといっていいほど

    特典等が異なっています。

     

    現行のカード内容については公式サイトに詳細が掲載されていますので

    どうぞ、そちらをご参照ください。

     

    https://www.thailandelite.com

     

    国別の内訳としては上位10か国が

    中国 英国 日本 アメリカ フランス  

    オーストラリア バングラディシュ ロシア ドイツ スイス

    となっており、その他数十か国に及ぶ国々の

    メンバーから構成されています。

    (2018年7月現在)

  • 旧エリートカードの種別

    一口に旧タイプといっても販売時期、国によって条件や特典が異なります。

    *名称については便宜的に名付けたもので、正式な呼称ではありません。

    INDIVIDUAL MEMBERSHIP A

    制度発足から2006年春までに発行されたタイプ。メンバー資格は生涯有効で無制限に譲渡可能です。

    INDIVIDUAL MEMBERSHIP B

    特典等は上記Aタイプと同等ですが、譲渡後のメンバー期間は30年となります。

    FAMILY MEMBERSHIP A

    INDIVIDUAL MEMBERSHIP A の本会員に家族を1名加えることができます。家族会員も本会員と同等の資格を得ることができます。

    FAMILY MEMBERSHIP B

    INDIVIDUAL MEMBERSHIP B の本会員に家族を1名加えることができます。家族会員も本会員と同等の資格を得ることができます。

    OTHER TYPE

    上記以外に本会員に2名の家族会員を加えることが可能なタイプもあります。

  • 旧エリートカードの特典

    現行タイプとは比較にならないほどの特典が付帯しています。

    *特典利用については個々の特典提携先およびメンバー種別によって

     利用できない場合もあります。

    提携スパが毎日無料

    タイ国内の評価の高い高級スパでのマッサージが毎日受けられます。バンコク中心ですがプーケットやチェンマイなどにも店舗があります。現行のカードでは回数制限があったり、そもそも特典に含まれていません。

    提携ゴルフ場が毎日無料

    タイ国滞在の大きな魅力であるゴルフ。タイ各地の提携ゴルフ場でのプレイが毎日無料となります。スパ特典と同じく、現行のカードでは回数制限があったり、カードのタイプによっては特典に含まれていません。

    生涯有効な滞在査証授与

    旧タイプの会員は生涯、または30年の長期にわたるタイでの滞在資格を得ることが可能となります。海外の様々な制度と比較しても、類を見ないほどの好条件かつ、煩雑な書類審査や語学力のチェックなどもありません。

    譲渡が容易

    事情により、メンバー資格を譲りたい場合には自由に譲渡を行なえます。制限なく譲渡を行なえるタイプと。譲渡後のメンバー資格に期間の制限が生じるものがあります。スパやゴルフ等の特典は譲渡後も同等に引き継がれます。

    優先出入国および送迎

    タイの空港にて、優先審査を受けることができます。またリムジン車両による送迎サービスがあり、出入国の際の待ち時間と手間から解放されます。利用キャリア、そのクラスに関わらずラウンジの利用も可能です。

    銀行口座開設・健康診断

    その他、健康診断、口座開設補助、ホテルやレストラン、デパートや免税店での割引など様々な特典が用意されています。各特典利用については日本語で申し込むことが出来ますので、言葉の心配もありません。

  • 旧会員の資格を得るには

    プロセスは難しくありませんが、注意すべき点が幾つかあります。

    *取得にあたっては個々の場合で異なりますので、詳しくはお問合せください。

    STEP 1

    カード内容の理解

    新旧合わせて、多種のタイプが混在していますので、その特徴や差異を理解することが大切です。 

    STEP 2

    事前準備

    カードのタイプにより、必要書類が異なります。またタイでの銀行口座開設が必要な場合もあります。

    STEP 3

    譲渡者とのやり取り

    譲渡方法、価格、時期について条件を詰めていきます。譲渡者が高齢であったり、タイ国外に居住していることも多いので、慎重な交渉が欠かせません。

    STEP 4

    譲渡手続き

    諸条件について合意した後、譲渡手続きを行います。様々なケースがあり得ますが、バンコクのTPC事務局にて

    直接、対面のもと行うことを推奨しています。

  • メンバーの喜びの声

    譲渡手続きによってメンバーになられた方の感想です。

    T・Tさん

    2018年1月、ご夫婦で加入

    エリートカードのシステムについては以前から知っていましたが、申し込みを検討している間に特典内容が大きく変わってしまい、正直購入意欲を無くしていました。当初のカードの条件の良さを知ってからは、是非その資格を得たいと思っていました。幸い良い旧会員の方を紹介して頂き、現在は特典の数々を満喫しています。

    H・Tさん

    2018年12月、ご夫婦で加入

    将来、タイへの移住を検討しています。知り合いの方が既にメンバーだったので私たちもそれに続けと(笑)譲渡手続きの過程では不安感もあったのですが、現メンバーさん達のアドバイスで乗り切ることが出来ました。相手が外国の方でしたので、やり取りは全て英語。そちらについても全面的にヘルプして頂いたので、本当に助かりましたね。

  • VOICE FROM MEMBER

    メンバーからの最新情報です。

  • Q & A

    申し込みにあたって気になるポイントを何点か。

    *詳細についてはお問合せください。

    譲渡の価格はどの程度でしょうか?

    旧カードの譲渡者は数が少なく、相場というものが形成されるほどの規模ではないのですが、大まかにいって100万バーツ台後半~300万バーツといったところでしょうか。(タイプによって異なる)また譲渡の際にはTPC事務局への名義変更手数料も必要となります。(20~30万バーツ、タイプによって異なる)

    支払い方法について教えてください。

    個々の譲渡者によって異なりますが、基本的にはタイバーツ現金での一括支払いとなります。この場合には希望者が事前にタイでの銀行口座開設が必要となります。海外送金による場合もありますが、現在では日本から諸外国への送金チェックが厳しくなっていますので、注意が必要です。

    審査にはどの程度かかるのでしょうか。

    譲渡書類をTPC事務局へ提出してから1~2か月前後をみておきましょう。審査終了後に事務局へ名義変更手数料の支払いを行ない、正式にメンバー登録となります。

    年会費や追加費用などはあるのですか?

    旧タイプの会員は一切不要です。現行のカードで最上位のタイプ購入の際には年会費が必要となっています。

    譲渡の相手はすぐ見つかるのでしょうか?

    旧会員の数は限定されており、メンバーの家族間で移譲することもありますので、希望のタイプによってはお待ち頂く場合もあります。

  • 注意事項

    ご質問を寄せられる前に

    私共は自主的なメンバーの親睦グループです。本サイトをお読みになって、また実際の譲渡作業によって生じる結果においてはいかなる責任も負いかねますので、どうぞご了承ください。​

  • ご質問

    現メンバーがお答えします。お気軽にどうぞ。

    *回答にお時間がかかる場合があります。

    *内容によってはお答え致しかねることもありますので、ご了承ください。

    All Posts
    ×